豊永利行氏の話

 

文ストと進撃のブログを下書きに放置してこっちを書きます。

 

どうも、とももです。

ひと月ぶりです。通知で「久々に書きません?」と来たので書きます。

 

 

このひと月で私の推し声優がだいぶ変わった。そして1人、もう殆どリア恋枠くらいに惚れちゃってる方がいる。そう、

 

豊永利行

 

である。

 

やばい!!!何なの!!!やばいって!!!

ハイスペック!!!!これが恋せずにいられるか!!!!

 

ということで、ここで彼のハイスペックぶりを紹介する。

 

趣味が

  • 作曲
  • ギター
  • 読書
  • 観劇

 

分からない。趣味に作曲が入るとか意味が分からない。そして

 

特技が

  • ドラム
  • ダンス
  • 殺陣

 

あ゛ぁぁぁぁぁ!!!!!!

 

神様はどうしてこんなに何物も与えたのだろう。更には絶対音感まで持ち合わせている。豊永利行。口説くのも上手い豊永利行。魅せ方が分かってる豊永利行。子役上がりの豊永利行。SETの豊永利行。その上いい声の豊永利行。モテない訳がない豊永利行。モテるしかない豊永利行。しかし身長は162cm。

 

ちっちゃい!!!!!

 

下手すりゃ私より小さい………神様…………あんたって人は………………

 

私が彼に惚れた理由は他にもある。


f:id:hhttmyy10:20170906020214j:image


f:id:hhttmyy10:20170906020419j:image

 


f:id:hhttmyy10:20170906020435j:image

 


f:id:hhttmyy10:20170906020516j:image

 

この画像たちをご覧いただきたい。

これは先日行われた某イベントで撮影された写真。出演者やマネージャーの公式Twitterさまに上げられたものたちである。

 

圧倒的男子力

 

彼は、もう、どうしても、男子なのだ。

それが、もう、リア恋心を擽る。

 

あーもうやんちゃだよーーでも節度あるやんちゃーーーー素敵。(真顔)

 

はい。

 

そして豊永氏、年齢は33歳である。

そう、私をご存知の方はお分かりだろうが、私が惚れるにはちと若い。

私の惚れる相手は基本38歳以上。それより若い場合は大体が…

 

既婚者

 

なのである。そう、なのである。

豊永利行氏、2015年のファーストライブの千秋楽翌日にブログにて大発表。約4年の交際を実らせたそう。リアルタイムで惚れてなくてよかった。もしそうだったら私死んでた。

はなちゃん(花澤香菜氏)と同じ状態になってた。

 

さて、豊永氏。芸能界へ足を踏み入れたのはまだ子役と呼ばれる時分である。その頃から演技力はピカイチだ。気になる方は「ウルトラマンダイナ 第20話」をチェックしていただきたい。

 

ていうかデビュー作がアルゴミュージカルである。何かもう訳わかんない。

そりゃあ演技力も高いわけだよ。

青春鉄道(青春と書いてアオハルと読みます)もちらっと観たが、一人だけで演技の質が違う。所謂2.5次元舞台なのだが、周りの役者は基本的に棒読み。まあそれは役者としてダメなんだが、そこにちょこんとでっかく居る豊永氏。ものすごい違和感である。違和感と共に存在感も半端じゃない。ちっちゃいのに。

 

話は変わるが、私が豊永氏を知ったのは例によってアニメ「文豪ストレイドッグス」だが、実は、豊永氏の他のキャラをあまり知らない。氏に嵌るきっかけになったアニメ「ユーリ!!! on ICE」の勝生勇利と上記の谷崎潤一郎くらいしかきちんと知らないかもしれない。

よく考えれば、この2つも割とえらい違いがある訳でもないなぁ。姉がいる(勇利)と妹がいる(谷崎くん)で、声の精神年齢変えてるんだな。変えてるんだな!?凄いな!?

声質で感じる年齢を変えるのはわりかし簡単な技なのはよく知っている私、たった今声質を変えずに感じる年齢を変えていた豊永氏にまじ感動。

 

あとこの人、半端なく音域が広いのである。カバーアルバム「T’s」で鬼束ちひろ氏の『目眩』を歌っているのだが、こいつ、半端ない。一発録りで1人デュエット。裏声の概念が分からなくなる。怖い。

 

才能はまだある。

趣味に作曲があるように、曲はまあ書くんだが、歌詞も書く。つまりこいつ、シンガーソングライターなのである。

つらみがありすぎる。何なの。もう、何なの。である。

さすが私の(心の彼氏)としくん。かっこいい。ちっちゃいけど。

 

あと何でだか何でも似合う。特に


f:id:hhttmyy10:20170908010616j:image

 

ハットと

 

f:id:hhttmyy10:20170908010713j:image

 

眼鏡。

 

眼鏡は標準装備だが、だがしかし、彼の眼鏡の取り込み方は半端ではない。眼鏡がその世界に馴染むのだ。凄い。

 


f:id:hhttmyy10:20170908010843j:image

 

これとかもう眼鏡×男子力過ぎてメガネが割れそう。

 

 

ああ、もう、心臓苦しくなってきた。

ここで打ち止めにしておこう。

こんだけ語れば豊永氏の魅力に気づく方もいるだろう。次回は豊永氏の作品か、出演作か、もしくはもう1人の心の彼氏か……な。

 

ご清聴ありがとうございました。